エステティシャンになるならフェイシャルを覚えて仕事に活かそう

女性が求人を選ぶ時は「働きたいと思える環境」を選ぶこと

エステサロンの求人に応募して成功するためのコツ

せっかく念願のエステティシャンに求人に応募するのなら、ずっと働きたいと思えるような自分に合ったサロンで働きたいですよね。面接時には、あなたもサロンの特色をチェックしましょう。

面接時にチェックしておきたいエステサロンのポイント

エステサロンの雰囲気
求人情報だけでは、なかなか職場の雰囲気や内情まではチェックできません。応募してサロンに足を運び、実際にその目で確かめましょう。設備や清潔さなどの内観はもちろん、働いているスタッフがどんな人たちか、施術内容はどうか、忙しそうなのか穏やかなムードなのかなどを確かめて、自分が「ここでならうまくやっていけそう」と思える雰囲気のサロンを選んでください。また気になるサロンがあったら、一度お客さんとして訪れてみるのも方法のひとつです。
待遇についてしっかりと確認
後から「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、給与形態や社会保険、休日などの待遇面をハッキリとさせておくことは大切です。特に社会保険と一口に言っても、雇用保険と労災保険のみの職場もあれば、きちんと健康保険や厚生年金まで完備している職場もあります。残業手当はあるのか、有給休暇はあるのか、完全週休二日制なのかどうかなども合わせてチェックしましょう。また、女性なら将来結婚して子どもができたときのためにも、産休や育休がどうなっているのかも確認しておくことをおすすめします。
スキルアップできるか
就職後は未経験者も経験者も研修を行うサロンが多いのですが、その力の入れ具合はサロンによってさまざまで、研修制度も異なります。研修制度が充実していればさまざまな施術を身に付けることができ、ワンランク上の資格を目指すこともできるでしょう。給料がアップしたり、店長やエリア長へステップアップしたりすることも可能です。入職時の研修のみで最低限のスキルを取得するだけなのか、それとも研修を重ねてスキルアップやキャリアアップを図れるサロンなのか、求人情報や面接時に確認しておきましょう。

好きなフェイシャルエステの仕事を楽しめる職場

転職後のギャップをなくすためにも、職場のリサーチは重要です。フェイシャルエステの仕事を存分にできる職場や、技術を伸ばす制度が整っている職場なら、きっと転職して良かったと思うことができるでしょう。

TOPボタン